鍵を守れ|いつもの暮らしを維持する秘策!

女の人

防犯対策が必須

作業員

戸建て住宅は、泥棒の侵入経路が多いため、外灯を付けるなどの対策が必要です。埼玉県は、夜間になると暗く、人通りが少なくなる場所に住居がある人もいます。住居や自転車などの鍵の数を増やす、管理を徹底するなどの対策が必要です。

More...

扉を直すサービスがある

ドア

ドア修理の業者はどんなドアでも対応できるのです。一般の方から法人の方まで対応できるのでかなり融通が利くサービスになります。またマッチングサイトを使えば自分に合うドア修理業者を探せるので、うまく利用してみましょう。

More...

カメラで防犯対策

セキュリティカメラ

監視カメラを設置する事は防犯対策として有効な手段です。しかしカメラを設置する時に注意する事はあります。隣の家の敷地内などは無断で撮影してはいけないので設置前に確認する事が必要です。どうしても他人の敷地内まで撮影する位置になるなら許可をもらう必要があります。

More...

RECOMMENDED SITES

  • 鍵プロ

    鍵屋なら船橋で見つかりますよ。一日中依頼ができるので万が一の時でも安心です。まずはここをチェックしましょう!

入りにくい家に

鍵と錠前

泥棒が侵入をあきらめる所要時間は、5分といわれています。鍵を開けるのに5分以上かかるような玄関ドアにすることが大切です。一般的に使われている鍵は、主に5種類あります。円筒錠、本締付円筒錠、面付箱錠、彫込箱錠、彫込箱錠(防犯建物部品)です。このうち、官民合同会議の試験に合格したCP錠は、彫込箱錠(防犯建物部品)のみです。この彫込箱錠(防犯建物部品)の特徴は、カム送り解錠ができないタイプであるということです。カム送り解錠とは、特殊な道具を使って、錠シリンダーを回して直接錠ケースの内部に働きかけてデッドボルトという部品を作動させて解錠する手口のことをいいます。ピッキングとは異なる解錠の方法で、対策が必要です。

泥棒が入りにくい家にするために、工夫することが大切です。例えば、玄関に鍵を2つ以上付ける方法があります。鍵をたくさん付けることによるメリットは、解錠に時間がかかることから、侵入をあきらめるケースが多くなることです。扉に複数の鍵が付いていると、ピッキングやサムターン回し、または暴力によって破壊する時間が長くなり、有効な防犯対策になります。また、窓に補助錠を付けるのも効果的です。ガラスを割っても窓を開けることができないからです。さらに防犯フィルムをガラスに貼ることで、ガラスを割ること自体が困難になります。足掛かりになるものを置かないという工夫も防犯になります。バルコニーの下に物置や高い植木を植えないなど、日頃から心がけることが重要です。