カメラで防犯対策|鍵を守れ|いつもの暮らしを維持する秘策!

鍵を守れ|いつもの暮らしを維持する秘策!

錠前と積み木の家

カメラで防犯対策

セキュリティカメラ

映像を残す防犯

住宅の防犯対策には様々なものがありますがその一つが監視カメラの設置です。監視カメラを設置する事は設置するだけでも人にカメラがあると認識させるので効果があります。また映像として残しておく事で実際にいつどんな被害にあったのかという事がわかります。被害を受けた時映像があると立証が簡単になるのですごく大切です。実際に自宅が被害にあって被害届を出したとしてもそれが誰であるのか突き止めるのは簡単ではありませんし、証拠となるものはなかなか出てきません。しかし映像がきっかけで誰がやったか判明する事も多くいのです。またその後の証拠としても非常に有効な証拠にもなるので被害によって出た損失の補償を求める時の助けになります。

設置する時に注意する事

監視カメラの設置は防犯対策として有効な手段ではありますが、使用する時に注意するべき事もあります。設置する際に守る事は撮影する権利のない場所を撮影しない事です。例え自分の住宅の敷地内を撮影するのが目的だったとしてもそれで隣の住宅のスペースを撮影してしまってはいけません。これはプライバシーの侵害になる事なので設置する際は気を付けなくてはいけません。まず設置する予定の場所に設置して撮影してみて問題ないか確認する必要があります。もしも隣の敷地までも撮影してしまう場所ならば設置場所を変更するか映ってしまう敷地の所有者に許可をもらう必要があります。監視カメラの性能や設置方法に関して疑問があれば購入前に聞いておくと良いです。