防犯対策が必須|鍵を守れ|いつもの暮らしを維持する秘策!

鍵を守れ|いつもの暮らしを維持する秘策!

錠前と積み木の家

防犯対策が必須

作業員

埼玉県は戸建て住宅が多いことから、侵入者の侵入経路が多いといえます。そのため、泥棒が家に入ってこられないように注意する必要があります。泥棒が入りにくい家にするための方法がいくつかあります。一つは、外灯を付けるようにすることです。夜間はずっと灯りをつけておくようにするのも良いですが、人間感知型自動点滅ライトを利用すると電気代の節約になります。これは、人を感知して、点灯と消灯を自動でするセンサーライトとよばれるものです。家の死角になる場所や車庫にも効果的です。昼間の明るい時間帯はオフに設定できるものも販売されています。また、埼玉県に住む人は、自動車を保有する人も多くいます。自宅の敷地内だからといって鍵をかけ忘れることのないように注意します。

埼玉県は、東京都や神奈川県と違い、戸建て住宅が多く存在します。また、畑や工場、大型店舗、川などの近くに住宅があることも多いのが特徴です。近年は、畑があった場所に新築の戸建てを建てるケースも多くみられます。しかし、以前畑であった場所は、外灯があまり設置されておらず、夜間は暗いという場合があります。また、人通りも少なく、さまざまな犯罪には注意が必要です。埼玉県は平坦な道が多いともいわれています。そのため、自転車を所有する人も多く、一人一台という家庭もあるほどです。自転車盗難防止のため、鍵は2つ以上つけるといった対策をとるように、呼び掛けられています。また、自転車だけではなく、自宅の鍵や自動車の鍵などの管理も怠らないように気を付けます。